業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年04月23日 [FAQ]

美術品コレクションを無事に運びたい。

現役を引退した70代男性です。
定年後、趣味で絵画のコレクションを始めました。自分は美術の道には進まなかったのですが、小さい頃から絵を描くのも鑑賞するのも好きでした。体を動かすことが苦手だったこともあり、美術館の静かで洗練された雰囲気にひたる時間に幸せを感じていました。
年をとってから始めたものの、嬉しいことに少しずつ趣味仲間も増え、そのネットワークは地方の美術館にも及ぶようになりました。もともと旅行も好きでしたので、国内のアトリエや美術館はもとより、国外にも足を伸ばして知識の幅を広げています。
先日、ある美術館の館長から、私のコレクションの中から数点、展示用に借りたいというオファーをいただきました。
私としても自分のコレクションが認められたような気がして嬉しかったですし、世に公開して多くの人の目に止まるのであれば、ぜひ協力したいと考えています。
ただ、ある程度大きさのあるものですし、重さもあります。油絵ですから保管には極度に気を使います。当然ですが移動による傷は絶対につけたくないですし。万が一破損等ということになれば、生きた心地はしません。
こうしたセンシティブなものを運ぶ際にはどういった運送業者に頼んだらいいのでしょうか。アドバイスをお願いします。


回答

アート専門の運送会社にまずはご相談を


絵画コレクションの運送には多くの人が非常に神経を使います。
有名美術館の特別展のために大掛かりな輸送体制が報道されることもあり、それを目にした方も多いのではないでしょうか。
アートとは唯一無二のものです。今そこに存在している物が傷ついてしまえば、その価値は永遠に失われてしまうのです。
ですので、多くの人が慎重な運送方法を心から望んでいて、その結果、アート作品の運搬を専門に扱う運送業者も数多くあります。インターネットでも情報を得ることができますので、まずはパソコンで検索してみましょう。
また大手運送会社もアート部門を設けていて、顧客の多様な依頼に応えています。
ご自宅の近くに大手業者の宅配受付窓口などがある場合には、直接聞いてみるのも良いでしょう。
専門の運搬会社であっても大手の運送会社であっても、実際の移動に際しては絵画や彫刻など、アート作品の取り扱いに精通したスタッフが責任をもって運送を担当してくれます。
あってはならないことですが、万が一の破損に備えた補償制度についても、契約前に確認しておくことをおすすめします。
今回は国内での運搬がご希望とのことですが、国外へのアート運送を業務に加えている会社もありますので、興味があったら尋ねて見るのもいいでしょう。

PageTop