業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月26日 [FAQ]

上手な一人暮らし用の引越し術とは?

生まれも育ちも大学も東京で、就職した会社も転勤はないということで、当初は結婚するまではずっと実家暮らしを続けることになると思っていましたが、最近私と同じ境遇の友達が続々と実家を出て一人暮らしをはじめ出して、私も一人暮らしには憧れもあったので、最初は冗談のつもりで両親にそのことを話してみると、てっきり反対されると思っていたのですが、良い人生経験になると賛成されて、現在引越し先を探しています。
きっと一人娘なら両親も反対したのでしょうが、私にも弟と妹がいて、社会人にもなっても家に生活費も入れていないので、私が一人暮らしをしてもそれほど寂しくもないし、食費も一人分浮くので、特に毎月家計のやり繰りが大変だと言っている母には好都合なのだと思いました。
いずれにせよ、一人暮らしが経験できることは嬉しいことですが、まだそんなに給料ももらっていないので家賃の上限も限られていて、もちろんすぐに家を出なければいけないわけではないので、条件に当てはまる部屋をゆっくり見つければいいと思っているのですが、はじめての引越しということで、親や兄弟たちを頼るわけにもいけないので、費用も含めてできるだけ負担にならない上手な引越しのプラニング法を伝授してください。


回答

スケジュール表やチェック表を早めに作成しましょう。


費用面も含めて、引越しを負担なく行うには、事前のプランニングが重要となります。
現在引越し先を探しているということですので、引越しのスケジュール表やチェック表を早めに作成して、まずはやらなければいけないことを書き出して、優先順位を決めましょう。
引越し業者に依頼する場合も、早めに予約を入れたり、引越し業者に引越しの日時をある程度任せることで、費用を安く抑えることができます。
引越しのピークは2月から3月で、春先もまだ引越し業者の需要は高いですので、そこを避けて、仕事を休めるなら土日祝日は避けた方がいいでしょう。
引越しをする場合は、住所変更の他にも、水道光熱費の手続きや、その他にも保険やカード類や郵便物や銀行など、多岐に渡る変更手続きが必要になります。
実家に住所を残しておくこともできますが、それでも最低限しなければいけない手続きも多岐に渡ります。
新居で使用する家財道具も揃えなければいけませんが、こちらは部屋が決まってから早めに準備をはじめましょう。

PageTop